接骨院 極~KIWAMI~への
ご予約・お問い合わせ

逆流性食道炎について

このようなお悩みはありませんか?

悩んでいる人
  • 食後に胸焼けがする
  • 胃酸が上がってくる感じがする
  • 吐き気、嗚咽がする
  • 喉につっかえる感じがある
  • 胃がもたれる感じがする

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎とは、胃酸や食べ物が逆流して上がってきてしまうことで、食道に炎症を起こす疾患です。現在の日本では、戦後から食生活が大きく変化し、近年ではかなり増えてきた疾患のひとつでもあります。

胃酸は強い酸性のため、食道の粘膜がただれて潰瘍ができてしまいます。しかし、逆流が起こっても潰瘍ができない食道炎も存在します。逆流性食道炎の症状は多様で、胸焼けや嘔吐、ゲップなどが代表的です。

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎の原因

通常、食道と胃の入り口をつなぐ部分である噴門(ふんもん)に下部食道括約筋という筋肉があり、この筋肉が食道に胃酸が逆流をしないように防いでくれています。骨格のゆがみやストレスによる自律神経の乱れにより、胃の働きが低下すると、噴門も緩んでしまいます。

噴門が緩んでしまうと、胃酸や消化中の食べ物が逆流し、食道に炎症を起こしてしまいます。そのため、ストレスや食生活を見直す必要性ももちろん大切ですが、骨格の調整をしていく必要があります。

一般的な治療法

病院では一般的な処置として、内服薬や生活習慣の見直しを行う場合が多いです。内服薬では、胃酸の分泌を抑える薬を服用し、同時に胃腸の運動を促進する薬も処方されることがあります。

生活習慣の見直しでは、食後すぐに横にならないようにすることや暴飲暴食を控えるなどの指導をされることが多いです。

当院にお任せください

施術風景

当院では、自律神経の通り道である首から背骨にかけての調整を行います。背骨を調整することで、骨格と自律神経が正常に働き、人間本来の治癒力や免疫力を発揮できるようになり、胃も正常に働いて胃酸の逆流を防ぐことが可能になります。

気になる方は、一度当院へご相談ください。

特別価格キャンペーン実施中!

このホームページをご覧になられた方限定で特別価格で施術が受けられるキャンペーンを実施中!ぜひご利用ください!

初回限定キャンペーン

お問い合わせはこちら!

長年悩まされている原因不明の不調や身体の歪みでお悩みなら、接骨院 極~KIWAMI~へお越しください!

電話予約はこちら

お問い合わせ

line

院名 接骨院 極~KIWAMI~
住所 〒720-2107
広島県福山市神辺町新道上30-2
受付時間 [平日]
9:00~13:00
15:30~20:00
最終受付は19:30まで
[土日祝]
9:00~13:00
15:30~19:00
最終受付は18:30まで
受付時間 [火曜]9:00~13:00
休診日 木曜日

Google Map

GoogleMap

© 2024 福山市で頭痛や肩こりにお悩みなら接骨院 極~KIWAMI~
. All rights reserved. Design by higoone